Skip to content

正月料理のおせちについて

日本では正月におせちをよく食べます。

家庭内で食べることが多いです。手作りのものも多く、外で購入するという場合もあります。おせちは様々な種類のものがありますが、総じて高カロリーになります。最近では、特におせちが盛り上がりを見せており、洋風なものなとさらに工夫がこらされた物が出てきています。

百貨店や専門の食料品店で売られています。予約制などもあるようです。おせちが豪華なものになってきていますが、料理の食べ過ぎには十分に注意した方がいいと言えます。おせちを食べすぎてしまうと、体重が増えてしまいます。

会社などが休みになる時期なので気持ちもゆるんでしまうと思われますが、食べすぎにならない様に心がけたいものです。また一緒にお酒を飲むこともよくあります。親戚などが集まった際にはお土産などでお菓子も出るかもしれません。

お酒やお菓子ももちろんカロリーが高いので、食べすぎや飲みすぎに注意すべきです。食べすぎると太るだけでなく胃腸に負担がかかることも多いです。休みに体調を悪くしてしまっては元も子もないと言えるかもしれないです。

疲れた胃腸を休ませるために7日は七草がゆを食べるという文化もあります。粥に7種類の野菜を入れて食べるもので、具材は野菜だけで味付けも塩だけなのでとてもシンプルで胃腸に優しく食べられます。これを食べることでによって胃腸を正常な状態に戻し、整えることが出来ます。七草がゆも文化として根強いです。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です