Skip to content

お正月に食べるおせち料理

お正月といえば、門松を飾ったりお餅つきをしたり、さまざまな伝統と習わしが日本にはありますが、おせち料理もそんなお正月ならではの事柄です。

これは新年に神様をお迎えする際、神様にお供えするための料理として認識されており、年が明ける前に用意して、年が明けたなら神様からのおさがりとして人間が食べることになっています。

そういった意味で作られる料理なので基本的に縁起物の料理で大晦日に作り、お正月当日はせっかくお迎えした神様を追い払ってしまわないよう、台所で騒がしくしてはいけないとされています。

またそれとともにかまどの神様やいつも忙しい女性を労わるといった意味もあるとされており、それゆえに火を使用しない日持ちする料理となっています。さらに食べる際に利用する箸は両端が細くなっている祝い箸で、これは一方は神様が使用し、もう一方は人間が使用するという理由から、両端が細くなっています。

同じくおせちを入れる重箱にもちゃんと意味と理由があり、重箱は幸せを重ねるといった願いを込めて重ねられており、五段や四段、三段などがありますが、代表的なものでは三段が多い傾向にあります。

そして重箱に入れる料理にも決まりがあり、三段重では一段目が黒豆と数の子、田作りやたたきごぼうなどの祝い肴と、紅白かまぼこや伊達巻、栗きんとんや昆布巻きなどの口取りです。

続く二段目はブリや鯛、海老などの海の幸の焼き物で、最後の三段目はレンコンやサトイモなどの山の幸である煮物で、一段目の祝い肴については、おせち料理には必須とされています。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です