Skip to content

おせち料理は元々主婦の負担を減らす料理でした

おせち料理を作るのは改めて考えてみると、なかなかの重労働です。

師走の忙しい時期に台所に立たなければいけません。食材も普段とは違った物を買い集めないとダメです。最近は美味しい魚介類や山の幸が買いづらくなりました。高級なスーパーマーケットに行けば良い食材は買えますが、いわゆる庶民向けの店舗だと、そもそもおせち作りに必要な食材が上手く揃わなくなって来ました。

昭和の頃は商店街に行きますと、鮮魚店や青果店などがズラリと揃っていたため、欲しい食材はその日のうちに確実にゲット出来ましたが、最近ではなかなか思うように欲しい食材が安く揃わず不満をもらす主婦の方も多いようです。

おせち料理を作る事は好きだが、年末年始はパートや親せき付き合いも多忙を極めて、なおかつ食材集めの奔走するのが辛い、そう感じている奥様方も多いかもしれません。そういった時代背景の変化から、最近はおせちをネットやデパートに注文する家庭が増えて来ました。

既に統計的には半数近くの家庭が自宅で作らずにお店に注文する時代です。そもそもおせち料理とは日持ちがするメニューばかり、その理由は年末年始位は多忙な主婦にも休息を与えよう、といった趣旨で始まった文化です。

家で作るか店舗に注文するか、方法は変わって来ましたが、文化の理念自体はむしろ変わっていません。家事や親せき付き合いで忙殺されている奥様も、時には大胆に手抜きしなければいけませんので、今度の年末は料理をあえてやめて、デパートやネットで良い品を探してみましょう。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です