Skip to content

おせちに対する考え方

そもそもおせちができあがった成り立ちは、日々忙しく料理をしている主婦のためにお正月くらい、料理をつくることをお休みをさせてあげよううということで、つくられた文化といわれていますが、おせちに対する考え方は時代によってさまざまに変化しています。

おせちの料理は、普段たべるものとは明らかに違うもので、特別間が漂うものが多いです。それにはお正月くらい特別なものを食べたいという人も多く、自分で作る人もいればデパートや料理家の先生とともに監修をした特別なものを購入する人もいます。

これを手作りをするのは、とても手間がかかります。黒豆や煮物などは日頃からつくる習慣がないと、おいしくできないということになります。さらには盛り付けも、美しく盛り付けるやりかたもまったく練習しない状態ではきれいに盛り付けることができません。

またすべての食材を購入して一からつくるとなると、かなりの費用が必要ですからそうなった場合、購入したほうが安いということにもなります。最近では家族用のもののほかに、おひとり様用とか、少人数のものもつくられるようになっています。

これは核家族が増えているだけでなく、一人でもお正月くらいは食べたいというニーズに沿ってつくられています。独身の方にもとても人気です。

おせちの予約なども早いところでは9月ごろから予約がはじまりますが、人気のおせちほど早めに予約をしないとあっという間に売り切れてしまうので、予約時期はしっかりと覚えておいがほうがいいです。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です